ganbaranaiyogaの日記

ヨガとアーユルヴェーダが好きな主婦のつぶやき

アーマを消化する

アーユルヴェーダデトックスといえば

アーマを取り除くことです。

 

アーマとは未消化物。

なので消化させることが必要です。

 

 

アーユルヴェーダの古典書には

 

粘着質があり、悪臭を放つもの

 

とあるそうですが

現代医学的には目に見えて

コレがアーマ!

というのは難しいそうで。

 

とはいえ

アーマが溜まっている時の体の状態には

 

舌苔

口臭、体臭、便が臭い

などがあります。

 

他には

便秘、だるい、眠気、食欲不振など。

 

 

話は逸れますが

 

なんとなく不調がある時って

だいたい気分も(機嫌も)良くないんですよね

 

なんかイライラ

ちょっとしたことが妙に気になったり

不安になったり焦ったり

 

「なんとなくの不調」だから

このイライラが自分の小さい不調のせいだとは意外にも気づかず

 

 

まわりや人のせいにしたり

やつあたりしてしまったり

なんでこうなんだろう、と自分を責めたり

 

 

メンタルが原因ではなく

体調不良のもやもやからきているとは

なかなか気づきにくいのかもしれない

と思った経験があります

 

だから小さな不調が消えると

知らないうちに心が軽くなって

機嫌が良くなって

前向きになって

なんかよくわからんけどいい感じ!

となります。

 

 

小さな不調ほど見過ごされて

 

ま、こんなもんでしょ私なんて

 

思ってませんか?

 

 

 

せっかく今世を人として生きていて

 

こんなもんでしょ

 

は残念すぎると思うのです。

 

 

だからヨガとかアーユルヴェーダ

別の方法でももちろん良いのですが

日々、小さな不調をケアしていけるといいな

と私は思っていて

必要としている人にシェアしたい

と思っている訳です。

 

 

 

話は戻って

アーユルヴェーダでは

このアーマがたまることによって

不調や病気になると考えています

 

 

アーマを消化するには

 

少食、軽い食事にする、もしくは断食

 

断食は自己判断でやらず

専門家に指導やアドバイスを受けた方が安心ですが

朝食を抜くプチ断食くらいでしたら

かなり一般的かもしれませんね

 

16時間断食が流行っているようですが

残りの8時間に暴飲暴食してるケースをよく聞きます汗

それでは何の意味もないし

むしろ悪影響です、、

 

お粥やフルーツなど

季節や体質に合った、消化に軽いものを少量摂るべきです。

 

 

あとは、1日を通して白湯をすすること。

 

トリカトゥ

(黒胡椒、長胡椒、乾燥生姜のパウダーを同量混ぜた物)

を白湯に入れたり、汁物など料理に振りかけたり

 

運動や入浴で適度に汗をかくこと

 

なども良いです

 

 

そもそも、お腹が空いてから食べる!

が大切なのですが

 

なかなかそうもいかず、、、

とか、うっかり、、

という場合もありますよね。

 

 

 

もしかして、アーマ溜まってるかも

と思った方は

無理なくできるものを試してみてください。

 

https://lit.link/maikoyogaayur