ganbaranaiyogaの日記

ヨガとアーユルヴェーダが好きな主婦のつぶやき

夏の過ごし方

この間梅雨の過ごし方を書いたのに

もう梅雨明けです。。

そして突然の猛暑。。


早く梅雨が明けたからといって

早く夏が終わるわけじゃない


がーん


気象予報士の言葉に落胆しつつ


でも、今すぐ自分でどうこうできる問題ではないので


頭を切り替えて


今すぐ自分でどうこうできることを

どうこうしたらいいと思うのです。



とにかく夏は何もしなくても

ただ毎日生きているだけで

体力を消耗しますので

体力、消化力を落とさない事が大切です。


猛暑であればなおさらですね。



アーユルヴェーダ的に

クーラーはOKです。


涼しく過ごす事が重要です。


夏は白湯ではなく

冷たい水がいいです。

冷蔵庫で冷えたくらいの。

ガバガバ飲まず

ちびちび飲んで下さい。


エアコンで冷えがちな人は白湯を。



体の余分な熱をとってくれる

旬の食べ物が良いです。


水分と甘み、苦味があるもの

イカ、にがうり、ぶどうなど。


冷性ポタージュとか、アイスクリームなんかもいいみたいです。



スパイスや辛いもの、酸っぱいものの食べすぎは

体の中の熱(ピッタ)を増加させるので

気をつけましょう。


ヨーグルトは酸味があって消化に重い食べ物なので

あまり積極的に食べたい季節ではありません。


食べちゃダメ、ではなく

食べすぎないように、です。


消化力が弱まってるな、と感じたら


ヒネショウガ(新生姜じゃないやつ)のスライス+岩塩+レモン


を食事の前に摂ってみてください。


消化促進効果があります。


ギーも消化促進効果があるのでおすすめ。

炊き立てご飯に、ギーと岩塩ぱらり

めちゃくちゃ美味しいです。




太陽の熱で体は乾燥しがち(ヴァータ)

です


オイルマッサージをするなら

ココナッツオイルがおすすめ

ココナッツオイルは冷性で冷やす作用があります。

太白ごま油は温性で温める作用があるので夏はあまり向きません。


ただ!

お仕事など、冷房の効きすぎたところにずっといて、体がいつも冷え切っている場合


温かいものを食べたり

体を温めたりする必要があります。


外での運動や日光浴はNG


ただ、消化力を保ちたいので

涼しい屋内で、じんわりと汗をかくような軽い運動を。


それでも、一切外に出ないなんてできませんから

暑さにさらされて疲労した時は

昼寝をしましょう。


アーユルヴェーダでは

夏は唯一、昼寝推奨の季節です。



そしてそして、

体の中に熱を生じさせる要因の一つに


怒りの感情


があります。


過剰なイライラを感じたら

ゆっくり、落ち着いて、冷静になれるような行動を思い出したいですね。


ヨガ、瞑想、呼吸法


黙々と何かに取り組んだりするのもよいと思います。



私が毎年気をつけてるのは


「冷やす」と「冷ます」の違い


これがなかなか難しいです。


体は冷やさず

消化力は落とさず

余分な熱は放出して冷ます


一見、相反するように思えますが

今年もこのテーマに

自分の体を使って


「ほどほどに」←これが一番大切!

(と自分に言い聞かす)


ケアしていきたいと思います。