ganbaranaiyogaの日記

ヨガとアーユルヴェーダが好きな主婦のつぶやき

ナスヤのススメ

 

アーユルヴェーダのセルフケアで

私が取り入れたものの中で

1番のおすすめ!と言ってもよい

 

ナスヤ

(オイル点鼻)

 

 

「鎖骨から上の不快な症状全てによい」

 

アーユルヴェーダ1番大切なのは「胃」ですが

鎖骨から上で1番大切なのが「鼻」

 

「鼻は脳の入り口」

とも言われています。

 

確かに、鼻が詰まるだけで

寝られないし、ボーッとして頭が働かないし、集中できないし、食べ物も美味しくない。イライラしますよね。

 

脳のためには鼻をケアしろ

 

と何千年も前に知り得ていたとは

本当に驚きです。

 

ちなみに脳の半分以上は脂質から成り立っています

このことからも脳にオイルが必要なことがわかりますし

最近読んだ脳科学の本でも

思春期の無理なダイエットが1番脳によくない!

とはっきり書かれていました。余談です。

 

 

鼻水、鼻づまり、副鼻腔炎、鼻腔の乾燥

鼻血、鼻の中が切れやすい

ドライアイ、眼精疲労

頭痛、耳鳴り

首こり、肩こり

枯れ声、喉の乾燥などの不調

顔のシワ

などなど

 

私のアーユルヴェーダの先生の1人はドクターですが

咽頭の部分(鼻の奥と喉の間)

ここをオイルでケアするのが大切

と言っていました。

 

この上咽頭

ウイルス感染の部分なので

ここをきれいに保ち、疲弊しているのをケアしてあげるのがよい

とのことです。

 

生理食塩水の鼻うがいの場合

片鼻から入れて逆鼻から出すのではなく

片鼻から入れて口からだす方が良いようです。

なぜなら、先程紹介した上咽頭をきれいにできるからです。

 

生理食塩水を使った場合も

その後、オイルでナスヤをするのがおすすめです。

(乾燥を防ぐため)

 

 

 

ナスヤ(オイル点鼻)のやり方

 

正式にはアヌタイラという薬草オイルを使うのですが

セルフケアの観点なら、太白ごま油やギーでOK

 

1 オイルを人肌に温める

2 上を向きスポイトで鼻に23滴たらす

3 そのまま鼻を軽くつまみ、すすってオイルをできる限り奥の方へ到達させる

4  垂れてくるようならしばらく仰向けに(アゴを上げめにして)

5  喉まで降りてきたオイルは口から吐き出しティッシュに包んで捨てる

 

朝がベストですが

私はけっこういつでもやります

移動が多い旅行の時(ヴァータ過剰)なんかは特にやりたくなるので

小さい容器に入れたオイルとスポイトを持っていきます

夜寝る前もよくやります

仰向けになるのでちょうど良いです

 

鼻血、目の充血、ピッタ過剰、ピッタの季節の時はギーがおすすめ。

それ以外は太白ごま油でいいかと思います。

 

 

どんな人にもおすすめですが

特にヴァータの方、更年期、ヴァータの季節、花粉症の人も。

花粉症の人は今の時期からやり始めるのがおすすめです。

 

それから、これは実体験ですが、

子供にもおすすめ。

鼻血、鼻づまり、鼻の乾燥

感染症の季節に。

 

鼻血がよく出るので、ギーを寝る前や

朝にやるようにしたら

ぱったり出なくなりました。

 

朝起きると鼻くそが取れづらい?笑

 

という不快症状も解消

 

本人も良さを実感したようで

ギーやって

というようになりました。

そろそろ自分でやらせようと

小さい目薬容器みたいなのをAmazonでポチり

これに入れて自分でやらせようと思います。

 

垂らすのが無理なら

綿棒に湿らせて

鼻の中をくるりとするだけでもOK

 

 

使用時に余ったり手についたギーはリップ代わりにしたり

爪にすりこんだり

 

寝る前は

まぶたやおでこ(ギーのみ)に塗って

寝つきがよくなります。

 

 

ほんとにオイルケアは

一石なんちょうにもなりますので

まだ未体験の方は是非是非

取り入れてください。

 

猫の鼻の穴って小さい

アーマを消化する

アーユルヴェーダデトックスといえば

アーマを取り除くことです。

 

アーマとは未消化物。

なので消化させることが必要です。

 

 

アーユルヴェーダの古典書には

 

粘着質があり、悪臭を放つもの

 

とあるそうですが

現代医学的には目に見えて

コレがアーマ!

というのは難しいそうで。

 

とはいえ

アーマが溜まっている時の体の状態には

 

舌苔

口臭、体臭、便が臭い

などがあります。

 

他には

便秘、だるい、眠気、食欲不振など。

 

 

話は逸れますが

 

なんとなく不調がある時って

だいたい気分も(機嫌も)良くないんですよね

 

なんかイライラ

ちょっとしたことが妙に気になったり

不安になったり焦ったり

 

「なんとなくの不調」だから

このイライラが自分の小さい不調のせいだとは意外にも気づかず

 

 

まわりや人のせいにしたり

やつあたりしてしまったり

なんでこうなんだろう、と自分を責めたり

 

 

メンタルが原因ではなく

体調不良のもやもやからきているとは

なかなか気づきにくいのかもしれない

と思った経験があります

 

だから小さな不調が消えると

知らないうちに心が軽くなって

機嫌が良くなって

前向きになって

なんかよくわからんけどいい感じ!

となります。

 

 

小さな不調ほど見過ごされて

 

ま、こんなもんでしょ私なんて

 

思ってませんか?

 

 

 

せっかく今世を人として生きていて

 

こんなもんでしょ

 

は残念すぎると思うのです。

 

 

だからヨガとかアーユルヴェーダ

別の方法でももちろん良いのですが

日々、小さな不調をケアしていけるといいな

と私は思っていて

必要としている人にシェアしたい

と思っている訳です。

 

 

 

話は戻って

アーユルヴェーダでは

このアーマがたまることによって

不調や病気になると考えています

 

 

アーマを消化するには

 

少食、軽い食事にする、もしくは断食

 

断食は自己判断でやらず

専門家に指導やアドバイスを受けた方が安心ですが

朝食を抜くプチ断食くらいでしたら

かなり一般的かもしれませんね

 

16時間断食が流行っているようですが

残りの8時間に暴飲暴食してるケースをよく聞きます汗

それでは何の意味もないし

むしろ悪影響です、、

 

お粥やフルーツなど

季節や体質に合った、消化に軽いものを少量摂るべきです。

 

 

あとは、1日を通して白湯をすすること。

 

トリカトゥ

(黒胡椒、長胡椒、乾燥生姜のパウダーを同量混ぜた物)

を白湯に入れたり、汁物など料理に振りかけたり

 

運動や入浴で適度に汗をかくこと

 

なども良いです

 

 

そもそも、お腹が空いてから食べる!

が大切なのですが

 

なかなかそうもいかず、、、

とか、うっかり、、

という場合もありますよね。

 

 

 

もしかして、アーマ溜まってるかも

と思った方は

無理なくできるものを試してみてください。

 

https://lit.link/maikoyogaayur

デトックスの秋

デトックスというと春のイメージが強いかもしれませんが

 

アーユルヴェーダ的には秋もデトックスの季節です。

 

 

春は食べすぎた冬に溜め込んだものをリセットするため

 

 

秋は消化力の落ちた夏に溜まったアーマを取り除き、消化力の上がる(食欲が増す)冬に備えるため

 

 

 

デトックスというと

汗から出すイメージかもしれませんが

実際、汗から出る毒素はほんのわずか

 

 

毒素を出すのは排便排尿です。

 

 

なので、一般的にデトックスといったらまずは

排便排尿を整えることです。

 

 

もし便がちゃんと出ていない場合

まずはここから解決する必要があります

 

 

 

アーユルヴェーダ的には

毎朝、起床後すぐ、朝食を摂る前に

気持ちよく排便があるのが理想

 

とされてるので

これ以外は基本便秘、となります

 

人によっては少し厳しい定義かもしれません。

 

起きてすぐは難しくても

毎朝気持ちよく排便、

は最低でも維持したいところです

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

余計なものをちゃんと出せないと

体にいいものを取り入れてもしっかりと効果を発揮できません

 

 

便秘があれば、胃腸の調子も良くないことがほとんどです

 

 

 

便秘によいもの

 

白湯

ギー

アロエベラ

浸水したレーズン

リファラパウダー

断食(自己判断でやらず指導を受けて)

 

 

 

一般的に豆類は食物繊維豊富で便秘に良いのですが

中には逆に便秘ぎみになる人もいるので注意です。

アーユルヴェーダ的には、大豆は消化に重い食べ物、ひよこ豆も栄養豊富だがガスが溜まりやすかったりもします。

 

 

便秘改善に運動もよくすすめられますが

普段から忙しくしている方は

リラックスする方に意識を向けた方が

良い場合があります

 

忙しすぎるとヴァータの質が上がり

消耗、乾燥をまねきます

 

乾燥は便秘の大敵です

 

 

 

なんとなく見過ごしがちなお通じ問題

実は健康のみなもとです。

 

 

毎日気持ちよく!

 

 

いらないものをしっかり出せる体にしていきましょう。

 

 

https://lit.link/maikoyogaayur

美味しく食べる秋がいい

虫刺されでもなく

乾燥でもないのに皮膚の痒みがある

 

口内炎ができた

 

抜け毛が増えた

 

 

しょうもないことで人を問い詰めてしまう

 

まだ決めなくてもいいことなのに

今すぐ白黒ハッキリさせたがる

 

 

こんなものもピッタの乱れとして現れることがあります

 

原因がよくわからなかった症状や

自己嫌悪におちいるイライラの原因が

夏の過剰な暑さ(ピッタ)のせいかも

と思えると

少し気持ちが楽になりませんか?

 

 

 

 

やっと季節が進み、涼しくなりましたが

 

涼しいな、という感覚は

表面上のことで

 

 

からだや心の中に余分な熱を溜め込んだままの場合も

 

 

のような症状があれば、ピッタを下げる対策を心がけましょう

 

 

 

例えば、

クーリング作用のある食材をとる

(きゅうり、冬瓜、アロエベラなど)

月光浴をする

ヘナをする

辛いもの、酸っぱいもの、しょっぱいものを控える

ゆったりしたヨガや呼吸法をする

 

 

一方で、

余分な熱は冷ますけど

消化力の火は消さないように!

 

例えば、冷たいものは控えて常温や温かいものをとる

生姜や黒胡椒、スパイス類を適度にとる

 

アーユルヴェーダ的には

食欲の秋、というより

デトックスの秋であることを思い出して

食べすぎないことですね

 

それは

いつも、どんなものでも美味しくたべることにつながります。

 

 

美味しく食べる秋がいいですね!

 

https://lit.link/maikoyogaayur

月は冷性

やっと!秋を感じられるようになりましたね。

 

朝晩のひんやりした時間

カラッとした空気

早く訪れる夕暮れ

黄金色にたれる稲穂

スーパーにはさつまいもや栗

 

そして、鍋の素が並ぶ!

まださすがに早くない?

と正直思いますが笑

 

 

 

そして月がキレイな季節です。

 

 

お月見の風習が日本にはありますが

アーユルヴェーダでは

月は冷性

熱を冷ます性質があるとされています。

 

 

 

夏に溜め込んだ余分な熱を

この時期のキレイな月を眺めながら

クールダウンさせようじゃないか

 

 

という、まさに理にかなった風習

 

 

アーユルヴェーダ

仏教とともに日本に伝わったとされています。

仏教の経典に記載があったり

正倉院にはアーユルヴェーダで使われる薬草が納められていました。

 

 

今では収穫に感謝する行事とされていますが

日本の風習に影響を与えていたかもしれませんね。

 

 

 

とても暑かった今年の夏を思い出せば

この時期の夜の涼しさは貴重ですよね

 

夕方〜夜は、帰宅途中だったり

何かとバタバタする時間ではありますが

 

スマホを置いて、テレビを止めて

 

キレイな月を眺めてみませんか?

 

 

https://lit.link/maikoyogaayur

日本的な食習慣

アーユルヴェーダにも

 

その土地に合ったもの

伝統的な食習慣がよい

 

という考え方があります。

 

ここは日本なので

伝統的な日本食が良い、ということになります

 

 

味噌汁にご飯、漬物、麹系

納豆、豆腐

醤油、みりん、酒、味噌、お酢

などなど

 

こうしてみると

日本食は発酵したものがとても多い

 

 

これらは

とても体に良いもので

日本人の自分にはとても合っていて

毎日できるだけたくさん摂った方がよい

 

 

そう思っていました。

 

 

誤解なく!

伝統的な和食は

疑いなくもちろんいいものです!

 

 

ただ、それらが

きちんと消化されていれば

 

ということなんだな

 

と今更ながら体感しています。

 

 

食べ方、量、頻度。

 

 

 

何でもそうですけど

 

これが健康に良い

 

と言われるものを

 

盲目に取り入れても

やみくもに食べていても

逆効果になることもあるということ。

 

 

例えば、

発酵食品や大豆製品の摂りすぎで

腸の調子が良くなるどころか

お腹が張ったり、ガスが溜まったり

する人もいます。

 

しつこいようですが

摂りすぎ、というのは

その人にとっての摂りすぎを意味するのであって

それは、量も頻度も人によって様々です。

 

 

 

とにかく、何を食べるにしても

 

それを食べたら

どんな風に体が反応してるかを感じるとることが1番大切なのだと

最近はしみじみと痛感しています。

 

 

 

 

ここまで書くと

 

 

 

めんどくさいね

 

そんなこといちいち感じてられない

 

食べるもの無くなるじゃん

 

 

 

とか言われそうです。

 

 

 

私もそう思ってました。

 

 

 

でも私は食べられない(食べないと決めてる)ものはありません。

 

 

外食もするし、今日の昼なんて

娘がはいとく感スイーツというレシピ本から作った、

ベーコンチーズホットケーキ+メープルシロップ

 

美味しい🎵

 

 

 

こういう時は

消化力が1番高いお昼ご飯に食べることで

少しでも消化不良にならないように工夫します。

 

 

 

よく考えずに

なんとなく当たり前に毎日食べてる

 

というものは無くなりました。

 

例えば、トースト、コーヒー、生野菜サラダ、

簡単につまめる焼き菓子など

 

 

あと、納豆は、ヨーグルトは、健康にいいから

とやみくもに食べることも無くなりました。

 

(大豆製品とか豆類も実は摂りすぎでお腹が張りやすい方がいます。)

 

 

 

 

体に良くないイメージのあるものは

控えるのは簡単

 

でも

 

体に良いイメージのあるものは

思うように効果が出ないと

つい量や頻度を増やしがち

 

 

 

もし、発酵食品や大豆製品を積極的にとっているのに

 

お腹の調子イマイチ

 

という方は

 

 

増やしたり頻度を上げるのではなく

 

いったんやめてみたり

頻度を減らしたりしてみてもいいかもしれません。

 

バスマティ米は

満足感はありつつも消化に軽く

割とちゃんと食べても胃がもたれない

 

https://lit.link/maikoyogaayur

栄養を摂るということを考える

数年前、消化力が落ちまくっていた私は

何を食べても胃がもたれ

量も食べれず

栄養が体に行き渡ってない感覚がありました。

 

 

でも大好きなパンや焼き菓子やコーヒーは食べたい

 

 

貴重な空腹を

ちょっとだけなら、たまには、

と理由をつけて

つまんでいました

 

 

すぐ疲れるしイライラするし

 

夏のせいにしていましたが

 

夏でも美味しく食べて元気な人もいます

 

 

 

そこからアーユルヴェーダのあれやこれやで

 

今年の夏も今のところ胃の調子は良いです

 

毎年調子の良さを更新している感覚があります。

 

 

しかし、基本的には消化力を落としやすい体質であることに変わりはありません

 

 

なので食べ過ぎないことは常に気をつけているのですが

 

そうなってくると今度は栄養不足が起こりがち

 

 

 

量が食べられない人は

少量でも栄養価の高いものを摂るべき

 

 

と教わりました

 

 

目から鱗

 

気づいてみれば

当たり前のことなんですけど

 

なかなか自分のことって気づけないものです

 

他人のことは気づけるのに

 

 

 

そしてなるべく消化しやすい状態で

 

例えば、レーズンやデーツ

 

ドライフルーツは、鉄分など栄養価が豊富ですが

そのままでは少々消化しずらいので

 

必ず浸水させて食べます

 

 

ナッツも栄養価が高い食べ物ですが

そのままポリポリはヴァータの人には合いません。

これも浸水せさてブレンダーなどでなめらかにし、カレーのとろみつけにしたり。

 

 

トーストではなく

全粒粉のチャパティにギー

 

ビーツも

貧血女性にぴったりです

 

 

 

栄養価の高い食材

いわゆるスーパーフードを

しっかり消化させて

体に行き渡らせる

 

 

消化力を落としやすい体質、

たくさん食べられないヴァータの人には大切なことです。

 

 

 

最近は

トーストもコーヒーも習慣的に摂らなくなりました

 

 

 

本当にそれを食べたいのか

それが自分の体に入ってどんな風に作用してるのか

 

 

頭でわかって体でわかると

一気に行動が変わります

 

 

食べなくなってみれば

あれだけ好きと思っていたのに

執着がなくなるから不思議です

 

 

みなさんも

私はこれが好き!やめられない!

というものがあるかもしれません

 

 

でもそう思い込んでいるだけで

意外とあっさり手放すことができるかも知れません

 

 

いつも食べてるもの

一度向き合ってみてはいかがでしょう

 

 

https://lit.link/maikoyogaayur